トップ

二次会の招待状返信の基本

結婚式の二次会の招待状が届いたら、まずはすぐ返信ハガキを出しましょう!
二次会に招待される間柄なら、会社の同僚や、学生時代に付き合いのあった人達など、ある程度親しい人達であることと思います。はがきを受け取る前には本人から二次会開催について知らされていて、出席の意思をすでに伝えていることがほとんどだと思いますが、出席の返信はなるべく早く!がマナーです。招待状を送った新郎新婦の気持ちを思いやれば、自分たちの結婚を祝ってくれる場に「喜んで出席してくれる」意思表示であると伝わります。お二人の新しい人生の門出をお祝いする気持ちを伝えるためにも、招待状を頂いたら、出来るだけ早めに返信しましょう。二次会を盛り上げるならこちら。

具体的には、「出席」する場合には、返信用ハガキを即日投函、遅くとも1週間以内には返信するようにしたいものですね。しかし、何らかの事情で欠席する場合のマナーとしてすぐに返信するのではなく、少し間をおいてからの返信が良いとされています。そういった事情がありますから、返信が遅いと「出席してもらえないのでは」と余計な心配をかけてしまうことになります。注意しましょう。

では、具体的に返信用ハガキの書き方マナーについてまとめておきましょう。
まず使う筆記用具は「毛筆」「筆ペン」「黒の万年筆」などフォーマルな印象を与える筆跡が残せるものを使いましょう。結婚式のようなお祝い事に、「喪服」の印象を与えるグレーや「カジュアル」な印象のブルーのインクはまったくふさわしくありません。もちろん鉛筆書きは絶対にやめておきましょう。

・次に相手への宛名の「行」の部分は二重線で消して「様」に直しておきましょう。
また、招待客宛てへの書面部分の「御」や「御芳」「様」などは返信する際には二重線か斜線で消しておきます。

・そして、余白に一言メッセージを書いておくと、招待した側はやはり嬉しく思うもの。
ただし、なるべく簡潔に「喜んで出席します」「本当におめでとう」などお祝いの一言を添える程度で。どうしても長くなる場合は「、」「。」などの句読点は使わずに、字間を空ける、もしくは改行して書くといった工夫をしましょう。
別れや終わりを連想する書き方、言葉はご法度ですよ!